グラシトールの副作用はあるの?

グラシトールの副作用はあるの?

血糖値を下げる効果が期待できる健康サプリメントのグラシトール。
飲んでみたいけど、グラシトールに副作用があるのでは、と心配な方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、気になるグラシトールの副作用について調べてみることにしました。

 

 

薬を飲んでいるけど大丈夫?

 

グラシトールは、機能性野菜のアイスプラントが原料のサプリメントで、
分類上は薬ではなく、食品となっています。
どのような薬とでも問題なく組み合わせて飲むことができますよ。

 

どうしても薬の飲み合わせによる副作用が気になる方は、
かかりつけの医師に配合成分表を見せて相談してみると良いでしょう。

 

 

副作用が起こるとしたらどんな症状?

 

グラシトールは食品なので、まれに体質に合わずお腹がゆるくなったり、
食品アレルギーの方は合わない場合があるようです。

 

アイスプラント(ツブリナ)、葉酸、
ビタミンB群とビタミンC、亜鉛酵母、マンガン酵母、ピニトールを主成分としていますので、
アレルギー体質の方は成分を確認してから飲むようにしましょう。

 

 

授乳中でも大丈夫なの?

 

グラシトールは、妊娠中の方、授乳中の方、妊娠を希望している方でも、
安全性が高いので安心して飲むことができるサプリメントです。

 

ただし、葉酸が200μg含まれているため、葉酸サプリメント等を飲んでいる方は、
過剰摂取にならないように注意する必要があります。

 

 

副作用が少ないのに、効果があるのはなぜ?

 

グラシトールの原材料であるアイスプラントやマメ科の植物には、
ピ二トールと呼ばれるインスリン様物質と呼ばれる血糖値を下げる効果のある成分があります。

 

そのピ二トールが血糖値を下げてくれるのですが、
もともと植物からとれる天然由来成分なので、副作用の心配がありません。
簡単に言うと、グラシトールは薬ではなく、食事からとる栄養の一種になります。

 

グラシトール原料のアイスプラントは、密室性の高い野菜室で無農薬栽培されたものですし、
第三者機関による定期的な成分分析調査がなされているので、
グラシトールは副作用がないだけでなく、安全面も非常に高いサプリメントだと言えますね。

 

 

まとめ

 

グラシトールは、薬ではなく、天然野菜成分からできたサプリメントなので、
副作用の心配がほとんどなく、非常に安全性の高いものだということがわかりました。

 

ただし、分類上食品にあたるので、体質に合わずお腹を下す場合や、
アレルギー体質の方に合わない成分がある可能性があるので、心当たりのある方は成分確認が必要のようです。
また、他のサプリメント併用中の方は、栄養成分の過剰摂取にならないように注意しましょう。

今なら「しあわせ減糖茶」がタダで貰えます!