グラシトールはいつ飲むのが正しい飲み方なの?

グラシトールはいつ飲むのが正しい飲み方なの?

血糖値を下げる効果が期待できるサプリメントのグラシトールって、
飲み方に指定がないけれど、いつ飲むのが効果的なんだろうって、
疑問に思っている方はいらっしゃいませんか?

 

ここでは、グラシトールの飲み方について、多方面から情報を集め調べてみました。

 

 

みんなはいつ飲んでる?

 

グラシトールを飲むタイミングは、自分の体調に合わせてお飲みくださいなっており、
きっちりとした時間指定はされていません。

 

いつ飲んでも効果的だとも解釈できますが、
グラシトール利用者のみなさんは、いつ飲んでいるのでしょうか。

 

公式ホームページの調査結果を見ると、

 

  • 食前  87%
  • 食後  10%
  • 就寝前  3%

 

となっており、食前にグラシトールを飲む方が圧倒的に多いと言うことがわかります。

 

血糖値を下げるという効果を期待したいのならば、
血糖値が上がる前、食前が良いのではないかということでしょうか。
飲む時間をきちんと決めたい方は、この結果を参考に食前に飲まれるといいかもしれませんね。

 

 

何錠飲むのが正しいの?

 

グラシトールの推奨摂取量は、一日当たり6〜12錠となっており、
体調に合わせて飲む量を調整するように指示されています。

 

公式ホームページの調査結果によれば、ほぼ9割の方が6錠飲まれているようです。
たくさん飲んだからと言って、劇的変化が望めると言うわけではありませんし、
まずは一日6錠程度から、ゆっくり飲み続けることが大事なのかもしれませんね。

 

 

一日何回にわけて飲めばいい?

 

グラシトールは、分類上食品扱いなので、
どのタイミングで飲んでも良いとされていますが、
分けて飲む場合、何回ぐらいにわけて飲むものなのでしょうか。

 

実際の利用者の方のデータを見ると、2〜3回に分けて飲まれる方はほとんどのようです。

 

気になったので、電話で問い合わせてみたところ、
いつ飲んでも大丈夫ですが、わけて飲まれたほうが吸収効率が良いですよ、という答えをいただきました。
グラシトールの効果を十分に発揮したいなら、わけて飲むほうが効果的だと言えそうです。

 

 

一度にたくさんとったらダメ?

 

一度にたくさん摂取してはいけないという決まりはありませんが、
グラシトールを一度に飲むと、尿が黄色くなる場合があるようです。

 

これは推奨されている量を超えて飲んでも、
グラシトールの有効成分が十分に体に吸収されず、排出されてしまうせいだと考えられます。

 

血糖値を早く下げたいからと焦る気持ちもわかりますが、
吸収されなければ意味がありませんので、きちんと推奨量の範囲内で飲むよう心がけましょう。

 

 

その他の飲み方ってあるの?

 

グラシトールの飲み方の番外編として、
お湯などで溶かして飲まれている方もいるようです。

 

グラシトールは薬ではなく食品に分類されているのため、
このような変わった飲み方でも問題なく効果をしてくれます。

 

錠剤タイプのサプリメントは飲みこむのが苦手、という方はこのやり方を試してみてもいいですね。

 

 

まとめ

 

グラシトールは、基本的に食品扱いのサプリメントなので飲み方に指定はないようですが、
有効成分の吸収効率を考えるならば、
1日6〜12錠を2〜3回にわけ、食前に飲むことが推奨されています。

 

グラシトールは錠剤タイプですが、お湯に溶かして飲めるというのもポイントですね。

今なら「しあわせ減糖茶」がタダで貰えます!